【書評】中国経済講義 冷静に中国経済を捉える事の難しさ

中国経済に関する本を探していたら、新たな新書が出版されていたので、紹介しておきたいと思います。梶谷懐氏の著作「中国経済講義―統計の信頼性から成長のゆくえまで」です。以前に書いた「中国のGDPを推計したい」という記事へのヒントが登場してきました。

“【書評】中国経済講義 冷静に中国経済を捉える事の難しさ” の続きを読む

Please follow and like us:

【経済統計・書評】経済統計の活用と論点 第3版 前編

大学院にいた時に受講していた経済統計の授業のレジュメを読み返していたのですが、当時、某中央銀行の支店長だった講師の方が参考文献として紹介していた本を約10年後に読んでみることにしました。

【新『李克強指数』を見つけたい】GDP発表を先取りする方法を考える

“【経済統計・書評】経済統計の活用と論点 第3版 前編” の続きを読む

Please follow and like us: