【米国株紹介】デジタル・リアルティ・トラスト データセンター世界的大手

中国株を2連投したので、今回は米国株をご紹介。

データセンター運営大手のデジタル・リアルティ・トラスト

(Digital Realty Trust)。ティッカーシンボルはDLR。日本では

知っている限りでは存在しない(はず)データセンター専門のREIT。

 

 

データセンターの世界的大手は、他にEQUINIX(EQIX)が最大手

として君臨しており、同社が東証1部に上場していたビットアイルを

TOBする等、日本には積極的に進出。

 

DLRも三菱商事と組んで日本に進出しており、東京・三鷹と大阪・

茨木にセンター開設済。北米だけでなく、欧州、アジア太平洋(香港・

シンガポール・オーストラリア)にも拠点があり、米国の比重が高い

ものの地域的なバランスもある程度ある。

 

業界の動向

世界的な動向を見ると、EUが一般データ保護規則(GPDR)を

設けて域外への個人情報の移転に規制がかかるなど、それぞれの

国内orブロック外へのデータ移転は徐々に制限が掛けられるように

なる可能性が高そう。その為、地域のハブ都市にメガセンターを

作るだけではなく、mid-sizeのセンターを各都市に作る必要が

あるのかもしれない。

 

同社がIR用にまとめた資料が下記

http://s21.q4cdn.com/814695872/files/doc_presentations/2018/June-2018-Digital-Realty-Investor-Presentation.pdf

 

非常に見やすいIRだが、Key figureを紹介

  • 米国REITの中で取引額上位7位
  • 12か国の32都市で203センターを運営。
  • 13年連続増配

 

買収も検討?

投資機会の中で最初にAcquire(買収)と記載があるので、

ひょっとしたら、日本国内でのデータセンター専業会社も

検討していてもおかしくない。例えば上場しているデータ

センター専業(多分唯一)のさくらインターネットの有価

証券報告書を見ると、総合商社大手の双日が28.13%、

創業社長の田中氏が14.6%を保有しているので、足し合わせる

と42.73%。TOBを行えば過半数の確保は楽勝なはず。

 

デジタル化社会のインフラ企業といっても差し支えない企業で着実な

収益が期待出来そうだ。

 

そのうちに中国のデータセンター事情も纏めてみようと思います。

 

Please follow and like us: