【書評】習近平 国政運営を語る

 

毎回中国に行くたびに「新華書店」という国営の本屋(チェーン)に立ち寄ることにしているのですが、2018年6月に観光で行った四川省・成都市のお店で見かけて購入したのが、「習近平 国政運営を語る」(120元=約2,000円)。

元々中国語で書かれた「習近平談治国理政」というスピーチ集を日本語訳したものです(中国共産党公認の公式本)。

四川省で習近平氏のスピーチ集を日本語で読む人がどれだけいるかと想像し、笑ってしまいましたが、何故か購入してしまいました。割と簡単に読破出来たので、内容をご紹介します。この本を通じて、中国の超長期戦略が見えてきました。

“【書評】習近平 国政運営を語る” の続きを読む

Please follow and like us:

【書評】インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

上場企業の紹介ばかりしていましたが、たまにはDVDの感想でも書いてみます。今回紹介するのは、チャールズ・ファーガソン監督の「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」。2010年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門受賞作品です。もうすぐリーマンショックから10年が経とうとしているので、ご紹介してみようと思います。

“【書評】インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実” の続きを読む

Please follow and like us: