メルケル女史はドイツ銀行を救済するか? その背後にはあの人が!? Vol.1

欧州金融機関の中でも特に危機的状況にあるのが、欧州の盟主ドイツ最大の金融機関ドイツ銀行(Deutsche Bank)

株価は?

NYSEの過去10年の株価は以下のチャートの通り。2008年のリーマンショック後よりも遥かに低い水準を推移中。ちなみにイギリスのバークレーズも比較対象に置いてみました。

ドイツ銀行(NYSE)

バークレーズ(NYSE)

 

現在のドイツ銀行の状況は?

  • 2017年決算は3年連続の最終赤字
  • 2018年FRBのストレステスト(健全性審査)に落第。大手行では唯一
  • 世界的な業務見直し実施中(人員削減)

このようにドイツ銀行の業績には赤信号が灯っています。

 

ドイツ銀行不振の原因

ドイツ銀行不振の原因は以下の資料で分かりやすく纏まっています。

http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2017/2017win08web.pdf

要約すると以下の通り

  • 住宅モーゲージ担保証券の不正販売を巡る訴訟で、米司法省に72億ドル支払を余儀なくされた
  • 自己資本比率の水準に応じて利息が支払われる社債において、利息の支払可能性に疑義が生じた(その為、債券価格が下がり、資金調達が難しくなった)
  • 元々のドイツ国内でのシェアの低さ
  • 自己勘定取引業務の縮小傾向が業界全体としてあるも、スイスのUBSやクレディスイスの様に富裕層向け金融業務や、バークレーズの様に法人貸付やクレジットカードの等での強みがドイツ銀行には無かった

 

ドイツ銀行の主要株主は中国のあの会社

現在のドイツ銀行の主要株主は7.6%を保有している海航集団。1993年に設立された海南航空を主体とするグループで、中国では4大航空グループの内の一つ。中国の他の大手(中国国際航空、東方航空、南方航空)が国営企業から派生しているのとは異なり、海南航空は完全な民間企業。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-04-22/hna-cuts-deutsche-bank-stake-reversing-commitment-from-february

同社はバブル期の日本企業を想起させるように脈絡無く海外の企業に投資を進め、過重債務の為、現在は経営危機に見舞われている。ちなみに同社はホテルチェーン・ヒルトンの株式も25%保有していたが、最近手放した模様。

 

その背後にはあの大物が…

そもそも国の規制が強い航空業界において1993年に創業した企業が何故わずか25年で大手航空会社の一角にまで成長したのだろうか?

海南航空の背後にいると言われているのが王岐山氏。現在の国家副主席。習近平氏とは文化大革命の下放の際に陝西省で出会った50年来の関係。同氏は政治局常務委員に入っていない(慣習上年齢制限に引っかかり入れない)為、現在序列8位だが、習氏の信任は特に厚いと言われている。同氏の親族が海航集団の経営に深く関わっていると言われているが、メディア検閲対象になっている為、詳細は不明。

 

海南集団にはもう一人の大物が…

実は海南集団を創業期から支えてきたとある世界的実業家がいるのですが、続きはVol2で紹介します。

《続く》

メルケル女史はドイツ銀行を救済するか? その背後にはあの人が!?Vol.2

Please follow and like us:

サウジアラムコ 世界最大の上場企業誕生か!?

サウジアラビアの国有石油会社サウジアラムコが、2018年から2019年にかけて上場を目指しています。

規模に比較して知名度が低い同社ですが、Bloombergによると世界で最も利益をあげている企業とのこと。2017年上半期だけで純利益338億ドル(下記リンク参照)

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-04-13/the-aramco-accounts-inside-the-world-s-most-profitable-company

同様の事業を行っているエクソンやシェル等の石油会社と比較しても、石油ガスの生産量、純利益では遥かに上回っている上に、借入金は遥かに低い水準。

サウジの皇太子は市場価値は2兆ドル(約220兆円)あると述べているが、その5%を放出するという大型IPOを待望しているのは世界の証券市場。ニューヨーク、ロンドン、香港あたりが上場先の候補のよう。

当然IPO時点の同社の価格はその時点の原油価格に大きく左右される(むろん未来の原油価格も考慮される訳だが)

6/22からOPEC会合が始まりますが、上場に向けて2018年後半から2019年にかけて減産を進めて原油価格を上げて、IPO調達額を高めていきたいサウジの動向が注目されます。

Please follow and like us:

2018年の主な政治経済スケジュール

米朝会談が終わったので、2018年の残りの期間の主なイベントを整理してみます。

 

6月

28日 一帯一路サミット in 香港

 

7月

2日 日銀短観発表

6日 景気動向指数発表

16日 中国2QGDP発表

21日 G20財務相・中央銀行総裁会議

 

8月

7日 景気動向指数発表

13日 日本2QGDP速報

 

9月

7日 景気動向指数発表

月内 自民党総裁選

 

10月

1日 日銀短観発表

5日 景気動向指数発表

19日 中国3QGDP速報

26日 米国3QGDP速報

 

11月

6日 米国中間選挙

12日 APEC首脳会議

14日 日本3QGDP速報

30日 G20首脳会議@ブエノスアイレス

 

12月

3日 COP24@ポーランド・カトヴィツェ

9日 沖縄県知事任期満了

14日 日銀短観発表

年内 世界最大の時価総額企業 サウジアラムコ上場(…かも)

 

国政では、総裁選も盛り上がりに欠けそう。ここで俄かに注目度が上がっているのが沖縄県知事選。これまで支持率の高い翁長知事の再選は固そうだと思われていたが、知事は4月から膵臓腫瘍治療の為入院。退院後政治の場には復帰したものの、あまりの痩せっぷりを見ると、2期目どころか12月まで公務を続けられるのか不安視する声も当然上がってくるだろう。

Please follow and like us: