CDR(中国預託証券)解禁へ?

 

先日Xiaomi(小米)上場の際のインタビューで、CDRを延期するとの言及がありました。大きなニュースのはずだったのですが、あまり話題にならなかったので掘り下げてみます。

XiaomiのIPOは下記参照

【中国株紹介】Xiaomi 小米上場へ インド市場が命運を握る

CDRとは?

CDRとはChinese Depositary Receiptの略で、中国預託証券と訳します。アリババやテンセント等の中国のIT業界を率いる巨人達は、中国国内ではなくアメリカや香港で上場している為、中国国内の投資家が株式を購入するのは障壁が高くなっています。

 

そこで導入されようとしているのが、CDRつまり他国で上場している株式を人民元建てで取引出来る様にする制度です。中国国内の信託銀行に証券を預け、受領書(Receipt)を発行してもらうことで、実質的に株式を保有出来ます。

 

モデルはライバルのあの国

導入にあたって参考にされているのがアメリカのADR(American Depository Receipt)で、日本も含む各国の企業の株式がアメリカで取引出来る制度(米ドル建て)です。日本企業では、ソニーやパナソニック、クボタ等がADRに登録されています。

 

最初のCDRはどの企業か?

当初は香港に上場するXiaomiがCDRの第一号となるとの見方もありましたが、延期。NASDAQに上場している検索大手のBaidu(百度)がCDR第一号になる可能性があります。

 

https://technode.com/2018/06/26/baidu-considers-cdr/

 

日本の投資家への影響は?

あくまで対象は中国国内の投資家であって、日本の投資家が直接影響を受けることはありませんが、中国国内の評価と国外の評価が大きく異なることは往々にしてあることなので(文化的違いや所与の情報の違いによる)、一気に中国国内の投資家の資金が流入し、海外で上場している中国企業の株価を押し上げる可能性があります。

また、中国国内での評価が高い日本企業(特にブランド力のある資生堂等)の企業がCDRを行えば、中国国内の投資家がこぞって買いに走るかもしれません。

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です