【中国株紹介】Xiaomi 小米上場へ インド市場が命運を握る

スマホ製造大手のXiaomi(小米)の香港株上場が7月9日に決定。

日経によると調達額は370億~480億香港ドルで、現時点では2018年最大のIPOとなる見込。

 

中国スマホ業界の動向

調達した資金で海外展開や研究開発に投入するとしているが、その背景には本国中国での熾烈な競争がある。中国のスマホメーカーはHuawei, Xiaomi, Oppo, Vivoの4社の寡占状態になっており、特にこの2・3年はOppo, Vivoの猛追が顕著。

 

実際にはOppoとVivoは同じ系列の会社なので、Xiaomiは他の2グループに比べてかなり出遅れている。

 

Xiaomiの活路はどこに?

寡占状態の市場で新規拡大は難しいと判断したのか、Xiaomiはインド市場に注力する模様。同社はインド市場で30%のシェア(2018年1Q)を誇っており、首位。

今後は中国から輸出するのではなく、インド国内での製造に大きく舵を切っていくようだ。

記事は下記

https://bit.ly/2tG1Jzp

 

この動きを裏付ける様にインド政府の中がスマホの輸入に規制を掛ける可能性があり、他の中国スマホメーカーもインド国内での生産に追随していくかもしれない。

以下Bloomberg記事

https://bit.ly/2lE4MEt

 

インド市場飽和の先は?

インド市場も遠くない未来の内に寡占状態になるはずで、その時には無尽蔵の人口を抱えるアフリカ諸国市場を目指すことになるだろう。しかし既にアフリカ市場は中国の無名格安メーカーが蚕食しているので、どの時点でどの価格帯の商品を投入していくのかが問われそうだ。

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です