【中国株紹介】洛陽楽川モリブデン 隠れ北朝鮮銘柄?

北朝鮮が米国との歴史的な対話を行ってはや1週間。

凄く気が早いが、北朝鮮が対外開放を進めた際に恩恵を受け

そうな中国株(香港上場)をご紹介。

 

洛陽楽川モリブデンとは?

洛陽楽川モリブデンは、レアアースの一種モリブデンや

タングステン、金、銅などの採掘・精錬・加工等を

手掛ける。世界最大級のモリブデン鉱山を保有する等、

特にモリブデンやタングステンで強み。タングステン

でも世界2位の規模を誇っているとのこと。

 

北朝鮮との関係は?

何故この銘柄が北朝鮮銘柄かというと、タングステン、

モリブデン共に北朝鮮国内に莫大な量が埋蔵されていると

考えられている為だ。

モリブデンは合金精製に、タングステンは工具や兵器の弾頭等

(比重が大きいために劣化ウランの代替として)に必須の物質

 なので中国だけでなく、日本・韓国・ロシア等の近隣諸国も

喉から手が出るほどに欲しい材料。

 

北朝鮮の資源については下記リンク参照

https://nautilus.org/napsnet/napsnet-special-reports/the-mining-industry-of-north-korea/

 

電力不足や技術不足などがあり北朝鮮での採掘・生産は低調な

ようだが、元々日本の統治していた時代に同地に建設していた

水力発電所の改善等によって電力等を確保出来れば、最終消費地

に比較的近い北朝鮮からの鉱物輸出は盛んになるに違いない。

 

但し、2016年の国連安保理決議2270において北朝鮮との

レアアース取引は禁止されているので、同決議が緩和されれば、

同社の北朝鮮での事業の可能性が開けそうだ。

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です