【中国株紹介】中国再保険 アジア最大の再保険会社

 

中国最大かつ唯一の再保険会社が中国再保険(China re)。香港で上場しているので、マネックス証券等を通して日本からも購入出来る先。

 

国務院系の中国投資有限責任公司の傘下にある中央匯金投資有限責任公司が71.6%、中国政府の財政部が12.7%保有しており、政府が実質8割以上を握っている。

 

元々中国の保険市場は、国営の中国人民保険公司が市場を独占していたが、1998年に生保・損保・再保険機能の3社に分割。そのうちの再保険部門が同社。

 

経常収益はこの5年で約50%伸びているものの、経常収益はほぼ横ばい。中国2季報によると、2018年の経常収益は1171億元(約2兆円)。比較対象として異なるが、日本の損保最大手の東京海上日動と比べてみると、同社の経常収益は5.2~5.3兆円。

 

この業界の世界的大手は、Munich reやSwiss re, Hannover re等欧州系が強く、その次にウォーレンバフェット率いるBerkshire Hathawayが続く。中国再保険のランキングは見つからなかったが、同社の経常収益に占める再保険の割合等から試算するとおそらく世界5位~6位くらいに位置するはず。

 

中国再保険の次の一手は?

ちなみに再保険業界では、ソフトバンクが大手の前述のSwiss reの株式取得を目指していたが、2018年5月に交渉決裂したとの報道。利益の出にくい国内市場だけを狙うのではなく国際市場に打って出ようとしているChina reも虎視眈々と欧州系再保険会社を狙っているかもしれない。

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です